【美容・健康増進】ビタミンCの働きと効果的な摂取方法について教えます

Uncategorized

ビタミンCって1日にどれくらい取ればいいの?
おすすめのサプリは?

この記事の対象者

・健康と美容に意識している人

・ビタミンCの効能・安全性について知りたい

・おすすめのサプリを知りたい

・効果的な摂取方法を知りたい

・高濃度ビタミンC点滴について知りたい

・ビタミンC含有量の高い食材を知りたい

尿と一緒に流れてしまい、体内にとどめておくことが難しいビタミンC身体にたくさん取り込むためには量・タイミング・飲み合わせ・質が重要です。また経口摂取なのか、血中に直接入れるのかでも効能は大幅に変わってきます。正しい知識をつけて効率よく摂取しましょう

結論、ビタミンCはめちゃくちゃ身体にいいです

私自身も血中ビタミンC濃度をあげ、食事に気を配り、こまめにサプリをとること1年・・効果を痛感しております

美肌になって綺麗になりたい人、エステに通うよりも何倍もの効果があります。私が歩くエビデンスです。保証します!

ビタミンCとは

ビタミンCは、水溶性ビタミンの一つで化学名は、アスコルビン酸です

多くの哺乳動物では、体内でブドウ糖からビタミンCを合成することができますが、人や一部の動物は、合成に必要な酵素がなくビタミンCを合成できないため、食事からビタミンCを摂取しなければなりません。

体内のあぶらの部分を活性酸素から守ってくれるビタミンEはビタミンCを一緒に摂ることで相乗効果が得られます。体の中に入ったビタミンCは、血中ではそのままのかたちで存在し、からだのサビをとってくれています。

ビタミンCの吸収・分布

ビタミンCの推奨量は100mg/日とされています(日本人の食事時摂取基準)。1日の摂取目安は年齢別で異なりますが、性別で差はありません。余分に摂取しても排泄されるため、上限摂取量は設定されていません。

水溶性のビタミンCを⼤量に摂っても、尿として体の外に排出されてしまうので安全とされています

ごく稀に、サプリメントなどで⼤量に経⼝摂取したときには腸などの消化器官が吸収しきれず、下痢や腹痛といった副作用が出ることはあります

また、吸収されなかったビタミンCは、大腸で乳酸菌などのいい菌を増やしてくれたり、便をやわらかくしてくれます♪

ビタミンCの働き

コラーゲンをつくる【美肌効果】

ビタミンCと鉄が働きかけてつくられるのがコラーゲンです。不足するとシワができやすくなったり、傷が治りにくくなります。さらに毛細血管がやぶれやすくなり、最終的には壊血病に至ってしまいます。

つまり、美肌になりたければコラーゲンが必要であり、そのコラーゲンを作るにはビタミンCが必要不可欠ということになります。

ビタミンCとタンパク質、鉄を十分に摂り続けることが、美しい素肌の第一歩です。

免疫力を高める【抗酸化作用】

攻撃を受けた細胞は傷つき酸化します。酸化した細胞はさまざまな病気の原因になるほか、「⽼化」の原因にも。ビタミンCは重要な抗酸化物質として活躍してくれているんです。

感染症(風邪など)予防、がん予防、動脈硬化予防をするにはビタミンCが必要というわけです。

メラニン色素をストップ【美白効果】

日焼けをすると肌が黒くなるのはメラニン色素が作られるからです。これは紫外線から肌を守る人間に備わっている大切な機能なのです。しかし、過剰に作られてしまうとこれが「しみ」の原因となってしまいます。

ビタミンCはメラニン色素を抑制する働きや、脱色する働きがあります。そのため、ビタミンCを摂取すると美白効果が得られるというメカニズムになっています。

また紫外線だけでなく、⼈間の体を形作る細胞を攻撃する酸素や毒素などから⾝を守ってくれる役割も持っています。

しみ・そばかすを予防し、美白になるためにはビタミンCが必要不可欠です。

ストレスによる抑うつや不安などの⼼理的な症状の予防

ビタミンCはステロイドホルモン(ストレス対抗ホルモン)を作ります。それによりストレスやかぜなどの病気に対する抵抗力を強める働きがあります。ここでのストレスとは、寒さや暑さ、疲労や睡眠不足など精神的・物理的ストレスの両方のことを指します。

ストレス過多の人ほどビタミンCが失われやすいと言われており、不足するとストレスに弱くなる原因ともなります。ストレスフルな現代社会では積極的にビタミンCを摂っていきたいですね

鉄の吸収を助ける

鉄には2種類あり、動物性食品に含まれているヘム鉄と、植物性食品に含まれている非ヘム鉄があります。非ヘム鉄は吸収効率が悪いため、ビタミンCを一緒に摂ると吸収を助ける働きをします。

ビタミンCが不足すると鉄が吸収されにくく貧血になりやすくなってしまうので、女性は特に注意したいですね

脂肪燃焼を助ける

脂肪燃焼にはカルニチンが必要です。そのカルニチンは体内で合成されます。合成されるときに必要となるのがビタミンCです。

また、脂肪細胞へエネルギーを取り入れるのを防ぐ働きがあるなど、ダイエットにもビタミンCは欠かせないのです!

ビタミンCの効果的な摂取方法・摂取量

基本的に⾷事でのビタミンC摂取を⼼がけつつ、⾃分の⽣活や体調を意識して⾜りない分をサプリメントで補いましょう。

しかし、推奨量は100mg/日(日本人の食事時摂取基準)とされていますが、実際のところ100mgじゃ足りない!!!!!!という感じです・・・

そして食事でたくさんビタミンCを摂るのはかなり困難なことがわかりました。

ですから、サプリメントを積極的にとっていく必要があります。ビタミンCは尿として体の外に排出されてしまうので安全とされています。上限も設定されていません。

私が推奨する量は最低でも1000mg/日(1g)、頑張って10000mg/日(10g)です。

ただし、一度に大量に摂取するとそのほとんどは尿と一緒に排泄されてしまいますのでご注意ください。1日に数回に分けてこまめに摂取していきましょう。

これ実はかなりめんどくさいです。なぜなら、日本のサプリは一粒あたりのビタミンC含有量が少ないからです。少しでも皆さんの負担を軽減するためにおすすめのサプリを後半でご紹介します。

そして、経口摂取だけでは限界があります。

もし美容目的でビタミンCをこまめに摂取している方、残念ながら経口摂取のみではそれほど大きな効果は得られません。そこでおすすめするのは、月に一度でいいので高濃度ビタミンC点滴を取り入れてみてはいかがでしょうか?

血中に直接入ったビタミンCはその全てが細胞に行き届きます。経口摂取とは異なり量が多ければ多いほど効果も倍以上になります

血中のビタミンC濃度をあげ、食事やサプリメンで維持していく、これが最も効率の良いビタミンCの摂取方法になります

さらにすごいのは高濃度ビタミンC点滴は風邪予防に最適です。あとで高濃度ビタミンC点滴についても詳しく説明します

美しく、そして健康になるためには正しい知識と努力が必要なのですね

ビタミンCを多く含む食品

ビタミンCがたくさん含まれてそうなレモンのビタミンC含有量は100mgです。意外と少ないんですよね。それに酸っぱくてとてもじゃないけど食べられません。

積極的にとっていきたい食材を以下にまとめました。

ビタミンCを多く含む食品(100ngあたり)

  • アセロラ:800〜1700mg
  • 赤ピーマン:170mg
  • ゆず:160mg
  • 黄ピーマン:150mg
  • キウイフルーツ(黄):140mg
  • パセリ:120mg
  • ブロッコリー:120mg

ビタミンCは熱に弱く、加熱調理により分解されてしまいます。ポイントは、洗いすぎたり、ゆですぎたり、水にさらしすぎたりしないことです。

おすすめサプリ

①ナウフーズ

アメリカのオーガニックサプリメントです。国内のビタミンCサプリは含有量が低いものが多く、多くても一粒500mg程度までのものしかありません。しかしナウフーズのサプリメントは一粒1000mgのビタミンCが配合されています。ここまで読んでいただいた方なら、「一度に大量に摂取しても意味ないんじゃないか」と思われるかもしれません。安心してください。このサプリメントはタイムリース(長時間持続型)で、体内でゆっくり解けるような構造となっております。また、優良医薬品製造基準品質保証製品なので安心して飲むことができます。

一つデメリットがあるとすれば、サプリメントの大きさです。私は平気でしたが、人によっては飲むのが億劫になってしまう場合もあるかもしれません。

②DHC ビタミンC

皆さん一度は目にしたことがあるのではないでしょうか?DHCのビタミンCですね。国内の商品で一粒あたりの含有量が他に比べて高く、コストパフォーマンスも良い商品なのでご紹介します。含有量は一粒500mgで、ビタミンB2も1mg入っています。ドラッグストアやコンビニなどどこでも手に入るところが嬉しいポイントですね。

デメリットとしては、海外のサプリメントと比べると含有量が少なく、頻繁に摂取しなければならないことですね

ビタミンCのサプリメントと同時にMCTオイルを摂取すると、ビタミンCの吸収が格段によくなることを皆さんにシェアします!

高濃度ビタミンC点滴の効果

高濃度ビタミンC点滴は、静脈に直接高濃度のビタミンCを投与し、急激に血中のビタミンC濃度を高めることによって、先ほど紹介したビタミンCの働き全てが期待できます。

抗がん剤に変わるガンの治療薬としても高濃度ビタミンC点滴は注目されているのです!

コラーゲンの生成=艶のある綺麗な肌に

非常に強力な抗酸化作用=免疫力アップ!風邪予防!ニキビもできにくなる!

美白効果

ストレスの緩和

投与するタイミングとしては、即効性がありますので、肌荒れが気になった時や風邪のひき始め、また旅行前後などがオススメです。

また、頻度ですが美白・健康増進のためでしたら2週間〜1ヶ月に一回くらいが推奨されています。お金や時間に余裕のある方ならば、1週間に一回受け得るのがベストです!

量は、美白・健康増進のためでしたら25g程度、(ガン治療のためでしたら50g程度)が適量と言われています。

初めて高濃度ビタミンC点滴を受けられる方は、大容量の高濃度ビタミンCで急性溶血発作が起こらないかどうかの検査として『G6PDスクリーニング検査』をはじめに行う必要があります。検査は指先からの少量の血液のみで診断でき、すぐ終わる簡易的なものですのでご安心ください。また、日本人にはほとんどいないと言われています。

ここまで記事を読んでいただいた人の中にはほとんどいないと思いますが、一応禁忌の方をリスト化しておきます。

高濃度ビタミンC点滴ができない方

  • G6PD欠損症の方
  • 胸水・腹水・リンパ浮腫のある方
  • 頭蓋内腫瘍のある方
  • 糖尿病でインシュリン注射を行っていらっしゃる方
  • 腎臓機能の低い方、現在透析治療中の方
  • 心不全のある方
  • メソトレキセート(リウマトレックス(R))、ベルケイドを使用している方

まとめ

ビタミンCは私たちがいきていく上でなくてはならないものです。ビタミンCを体内にたくさん取り込むようになってからはや1年、、、私のお肌はすっかり変わりました。風邪も一切引いてないことにビタミンCの抗酸化作用の凄さを実感します。皆さんのお役に立てれば光栄です。

コメント

kaerunn
タイトルとURLをコピーしました